Archive for 5月, 2009

MUNDO POPULAR OZASHIKI LIVE

mp_ozashiki_02

2009年6月、神楽坂にある個性豊かな雑貨店・カフェ・ギャラリーが期間限定で世界の各国に変身します。
「散歩でめぐる一日世界旅行 in 神楽坂」参加企画

MUNDO POPULAR OZASHIKI LIVE BRASIL in 毘沙門天 (新宿区神楽坂5-36)
6月21日(日)13:30 open 14:00 start 入場料:1,500円(ドリンク別)

東京在住のブラジル人ミュージシャン
Sabrina Hellmeister と Arthur Vital を招き、
ボサジャパノヴァなbeakers f.j. と共に
現在を息づくブラジル音楽、または
憧憬を毘沙門天のお座敷に響かせます。

予約・問:大洋レコード http//taiyorecord.com 03-3235-8825

********************************

English press release
*********************************************************************
June ’09 at the centre of Tokyo, shops, cafes, galleries in Kagurazaka transform themselves into various countries from the world.
taiyo record presents ;
MUNDO POPULAR OZASHIKI LIVE in Bishamonten (5-36, Kagurazaka, Shinjuku-ku)
Sunday 21st June 13:30 open 14:00 start entrance : 1,500yen (wo/ drink)

Inviting Brasilian musicians living in Tokyo, Sabrina Hellmeister, Arthur Vital.
sharing stage with bossa-japa-nova band, Beakers folklorico japon.
breath of brasilian music up to now, and yearning to this marvelous music,
Show at the Ozashiki of Bishamon Temple.

reserve & ask : Taiyo record http://taiyorecord.com 03-3235- 8825

*********************************************************************

5月 25, 2009 at 10:51 pm コメントをどうぞ

ハバダスVol. 6の目玉はフェスタ・ジュニーナ(6月祭)

Print

第6回ハバダス・シネマクラブはいつも以上に充実したイベントになること間違いなし!映画あり、音楽あり、ブラジル料理も楽しめる場として話題になっているハバダスが活動範囲を広げ、写真展にも挑戦します。そして、今回はブラジルでカーニバルに次ぐ人気のお祭り、フェスタ・ジュニーナ(6月祭)を再現します。開催は6月14日、浅草ブラジル料理レストラン、Que Bom!にて。

フェスタ・ジュニーナ(6月祭)の起源はヨーロッパの世俗的なお祭りにありますが、ブラジルに渡った時はすでにキリスト教の影響があったといわれています。今日では、カトリックの三聖人:聖ジョアン、聖アントニオ、聖ピーターを祭る行事としてブラジルのほぼ全国で行われています。19世紀にフランスからブラジルに伝わったカドリーユ(ポルトガル語でクァドリーリャ)ダンスは、やがてフォホーという現地の伝統音楽に合わせて踊られるようになり、フェスタ・ジュニーナの大事な要素の一つとなりました。そして、このお祭りの頂点は、やはり参加者が演じる田舎風の結婚式なのです。今回は、リオ出身のへナータ・ボレリ先生が、クァドリーリャダンスを優しく、楽しく教えてくれます。是非、皆さんも田舎風の衣装で踊りながら、フェスタ・ジュニーナの雰囲気を存分に味わってください!

camara-viajante

ショートフィルムにおいては、セアラー州からジョー・ピメンテウ監督作品『巡礼旅写真家』をお届けします。ブラジル北東部の巡礼祭で、庶民のハレ姿を捉える写真家や絵画を通して亡き人を復活させる肖像画家の世界を映すドキュメンタリーです。

sete-vidas

他、『七人の飼い主』と『キラー・ラザニア』はいずれもサンパウロの若き監督たちによるフィクション映画。前者は夏目漱石の名作同様、ナレーターを努めるのは、猫。前世では作家だった猫が自分の飼い主だと信じる7人の人物像を描きます。後者は、冷蔵庫に放置され、突然変異を起こし、復讐心に満ち溢れたミュータントへと化すラザニアの物語なのです。こちらの作品にはスペシャルゲストとしてB級ホラー映画界で有名なコッフィン・ジョーが迎えられました。

a-lasanha-assassina

Zare Ferragi、Alexandre Takahashi(両者ブラジル出身)とDaniel Silva(ポルトガル出身)から成る写真グループ“Collective Lens”はハバダスをデビューの舞台に選び、多国籍の人々のポートレートを用いて被写体の間に存在する相違点と共通点を探る写真展を開きます。こちらはイベント前半を飾る写真展ですが、イベント終了まで展示されておりますので、ゆっくりとご鑑賞ください。そして、今回上映される『巡礼写真家』に着想を得て、イベント会場では、現代芸術家、畠パメラによるインスタレーションを背景に、参加者(希望者)の皆さんのポートレート撮影を行います。イベントのお土産として、ぜひご参加ください。

第六回のハバダス・シネマ・クラブは特にヴィジュアル面に重点が置かれていますが、もちろん、スクリーンや壁を飾るイメージに負けない素敵なDJ陣を迎えています。DJ Malandroは主にブラジリアン・ソウルを披露し、DJ Antonio Yodobashiは驚くようなレアな曲を網羅したレパートリーを聴かせてくれます。そして、DJ Pakimはフォホーやブラジル北東部の音楽で会場を沸かせてくれることでしょう。


ハバダス・シネマ・クラブ Vol. 6 (6月祭)

日時
2009年6月14日(日曜日)
17時〜23時まで

場所
Que Bom! Brazilian Restaurant
東京都台東区西浅草 2-15-13 B1F
電話番号:03-5826-1538

アクセス
東京メトロ銀座線 田原町駅下車出口3より徒歩7分
都営浅草線 浅草駅下車A1番出口より 徒歩10分
つくばエクスプレス 浅草駅下車A1番出口より 徒歩5分

入場料
¥2000 1ドリンク付き [フライヤー持参 ¥1500 1ドリンク付き]

プログラム
ショートフィルム
『巡礼写真家』
(ドキュメンタリー/20分/2007年)
監督 ジョー・ピメンテウ
ブラジル北東部の巡礼祭で、庶民のハレの姿を捉える写真家たち。彼らの世界を映すドキュメンタリー。

『七人の飼い主』

(フィクション/19分/2007年)
監督 ゼー・ムシーニョ;マルセロ・スポンベルグ
猫に生まれ変わった作家が自分の飼い主だと思い込む7人の人物像を描く。

『キラー・ラザニア』
(アニメーション/8分/2002年)
監督 アレ・マックハッド
冷蔵庫に放置されたラザニアが突然変異を起こし、復讐心に満ち溢れたミュータントへと化す。

DJs
Malandro
Antonio Yodobashi (The Rabadas)
Pakim

写真展

COLLECTIVE LENS [Daniel Silva, Zare Ferragi, Alexandre Takahashi]

インスタレーション
Pamela Hata

5月 20, 2009 at 9:03 pm コメントをどうぞ

ウヂグルヂ Vol. 2

時代は70年代、「アンダーグラウンド」という言葉が流行ってた。南米にも陽気に潜むクリエーター達がいた。その彼らは「アンダーグラウンド」に一捻りをきかせ「ウチグルヂ」というブラジル風な表現が生み出された。今年、2009年も陰でウキウキにウヂグルヂなグルーヴに飲まれよう!

第二回目のウヂグルヂは5月15日(金)、最も宇宙に近い空間=エンジョイ・ハウスで開催されます。 ショートフィルム上映あり、DJあり、サラウ(詩等の音読)ありと盛りだくさんです。

今回はCinema8ito(シネマオイト)というグループとのコラボレーションにより、ウヂグルヂ Vol. 2で最先端を走るブラジルやスペインのビデオクリエーター達の作品を上映することになりました。

シネマオイトは98年に活動を開始して以来、自作品に留まらず、ブラジルやスペインのアーティストの作品を収集し、これまでの『上映会』の概念を覆した。インターネットやキャンバス、壁をスクリーンの代わりに使うなど、独立した形で国内外で上映会のキュレーションを行ってきた。

17時よりサラウを開きますが、自由参加となりますのでお好きな詩、歌詞、写真、イラストレーション、作曲等(自他問わず)をご用意の上、是非ご参加下さい。

プログラム
17:00-18:00 サラウ
18:00-18:20 映画上映 Ⅰ
18:20-18:40 DJ DpamJ
18:40-19:00 映画上映 Ⅱ
19:00-19:30 DJ Arthur Vital
19:30-20:00 DJ Rafael
20:00-20:30 DJ Ricardinho
20:30-21:00 DJ Grant (Abikyokan)
21:00-21:30 DJ Antonio Yodobashi (The Rabadas Cultura Clube)
21:30-22:00 DJ Roberto Maxwell (The Rabadas Cultura Clube)

開催時間:17時〜22時まで
開催場所:Enjoy! House
(TEL)03-5489-1591
無料!!!
JR山手線/東京メトロ日比谷線 恵比寿駅西口より徒歩5分
http://www2s.biglobe.ne.jp/dub/gogo/enjoy.html

上映作品

・ 『A OBRA』(工事)
監督:ソニア・バーシャ(Sonia Bacha )
Projeto Cinegraffiti プロジェクト・シネグラフェィティ

・『ÁRVORE E CHICLETE』(木にガム)
監督:ソニア・バーシャ(Sonia Bacha )
Projeto Cinegraffiti プロジェクト・シネグラフェィティ

・ 『BORBOLETAS NO ESTÔMAGO』(胃の中の蝶々)
監督:ビーア・ヴェーデー( biAh weRTHer)
Cine Desconstrução シネ・デスコントゥールサン

・『CINEMA DE JANELA』(窓から見える映画)
監督:ファブリシオ・ノローニャ( Fabrício Noronha)

・『CONSTELAÇÃO DE SONHOS』(一連の夢)
監督:ヒカルド・カンサード(Ricardo Cançado)

・『 EU ACHO QUE ESTOU PERDENDO VOCÊ』(君を失いそう…)
監督:ヴィトール・アーリ( Vitor Alli)

・『LÁ LONGE É INCERTO』(不確かな未来)
監督:ネーウトン・ペーレンス(Nelton Pellens)

・『OBSTÁCULOS PERENES』(消えない妨害)
監督: ビーア・ヴェーデー(biAh weRTHer)

・『O ÓLEO DA NOITE』(夜の油)
監督:エドゥアルド・エジート(Eduardo Egyto)

・『RELATO VERMELHO』(真っ赤な告白)
監督:ヒカルド・カンサード(Ricardo Cançado)

・『RELÓGIO』(時計)
監督:ヂルネイ・プラテス(Dirnei Prates)

・『REPRESENTA CORISCO』(ヘプレゼンタ・コリスコ)
監督:ヒカルド・カンサード(Ricardo Cançado)

・『SELF』(セルフ)
監督:ビーア・ヴェーデー( biAh weRTHer)

・『SUBJETIVO』(主観的)
監督:エラスモ・アルカントラ(Erasmo Alcantara)

・『VENTO』(風)
監督:アンドレー・アリエタ(André Arieta)

5月 10, 2009 at 11:03 pm コメントをどうぞ


brazil.jpg

ケータイサイト
brazil.jpg

スケジュール

The Rabadas Cinema Clube Vol.6
会場: Que Bom
日時: 6月14日 (日)
インフォ



愛しき祖国、ブラジル!


Roberto Maxwell e Sabrina Hellmeisterの作品

製作::
The Rabadas Cultura Clube
trailerへ

Rabadas Zine

写真

10月5日
The Rabadas Cinema Clube Vol. 3


8月5日 第2 イベント
The Rabadas #2 - August, 05th



7月6日 ー デビューイベント

The Rabadas #1 - July, 06th

@渋谷
The Rabadas Photo Session #1

Blog Stats

  • 15,819 hits
2009年5月
« 4月   6月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31