ハバダスVol. 6の目玉はフェスタ・ジュニーナ(6月祭)

5月 20, 2009 at 9:03 pm コメントをどうぞ

Print

第6回ハバダス・シネマクラブはいつも以上に充実したイベントになること間違いなし!映画あり、音楽あり、ブラジル料理も楽しめる場として話題になっているハバダスが活動範囲を広げ、写真展にも挑戦します。そして、今回はブラジルでカーニバルに次ぐ人気のお祭り、フェスタ・ジュニーナ(6月祭)を再現します。開催は6月14日、浅草ブラジル料理レストラン、Que Bom!にて。

フェスタ・ジュニーナ(6月祭)の起源はヨーロッパの世俗的なお祭りにありますが、ブラジルに渡った時はすでにキリスト教の影響があったといわれています。今日では、カトリックの三聖人:聖ジョアン、聖アントニオ、聖ピーターを祭る行事としてブラジルのほぼ全国で行われています。19世紀にフランスからブラジルに伝わったカドリーユ(ポルトガル語でクァドリーリャ)ダンスは、やがてフォホーという現地の伝統音楽に合わせて踊られるようになり、フェスタ・ジュニーナの大事な要素の一つとなりました。そして、このお祭りの頂点は、やはり参加者が演じる田舎風の結婚式なのです。今回は、リオ出身のへナータ・ボレリ先生が、クァドリーリャダンスを優しく、楽しく教えてくれます。是非、皆さんも田舎風の衣装で踊りながら、フェスタ・ジュニーナの雰囲気を存分に味わってください!

camara-viajante

ショートフィルムにおいては、セアラー州からジョー・ピメンテウ監督作品『巡礼旅写真家』をお届けします。ブラジル北東部の巡礼祭で、庶民のハレ姿を捉える写真家や絵画を通して亡き人を復活させる肖像画家の世界を映すドキュメンタリーです。

sete-vidas

他、『七人の飼い主』と『キラー・ラザニア』はいずれもサンパウロの若き監督たちによるフィクション映画。前者は夏目漱石の名作同様、ナレーターを努めるのは、猫。前世では作家だった猫が自分の飼い主だと信じる7人の人物像を描きます。後者は、冷蔵庫に放置され、突然変異を起こし、復讐心に満ち溢れたミュータントへと化すラザニアの物語なのです。こちらの作品にはスペシャルゲストとしてB級ホラー映画界で有名なコッフィン・ジョーが迎えられました。

a-lasanha-assassina

Zare Ferragi、Alexandre Takahashi(両者ブラジル出身)とDaniel Silva(ポルトガル出身)から成る写真グループ“Collective Lens”はハバダスをデビューの舞台に選び、多国籍の人々のポートレートを用いて被写体の間に存在する相違点と共通点を探る写真展を開きます。こちらはイベント前半を飾る写真展ですが、イベント終了まで展示されておりますので、ゆっくりとご鑑賞ください。そして、今回上映される『巡礼写真家』に着想を得て、イベント会場では、現代芸術家、畠パメラによるインスタレーションを背景に、参加者(希望者)の皆さんのポートレート撮影を行います。イベントのお土産として、ぜひご参加ください。

第六回のハバダス・シネマ・クラブは特にヴィジュアル面に重点が置かれていますが、もちろん、スクリーンや壁を飾るイメージに負けない素敵なDJ陣を迎えています。DJ Malandroは主にブラジリアン・ソウルを披露し、DJ Antonio Yodobashiは驚くようなレアな曲を網羅したレパートリーを聴かせてくれます。そして、DJ Pakimはフォホーやブラジル北東部の音楽で会場を沸かせてくれることでしょう。


ハバダス・シネマ・クラブ Vol. 6 (6月祭)

日時
2009年6月14日(日曜日)
17時〜23時まで

場所
Que Bom! Brazilian Restaurant
東京都台東区西浅草 2-15-13 B1F
電話番号:03-5826-1538

アクセス
東京メトロ銀座線 田原町駅下車出口3より徒歩7分
都営浅草線 浅草駅下車A1番出口より 徒歩10分
つくばエクスプレス 浅草駅下車A1番出口より 徒歩5分

入場料
¥2000 1ドリンク付き [フライヤー持参 ¥1500 1ドリンク付き]

プログラム
ショートフィルム
『巡礼写真家』
(ドキュメンタリー/20分/2007年)
監督 ジョー・ピメンテウ
ブラジル北東部の巡礼祭で、庶民のハレの姿を捉える写真家たち。彼らの世界を映すドキュメンタリー。

『七人の飼い主』

(フィクション/19分/2007年)
監督 ゼー・ムシーニョ;マルセロ・スポンベルグ
猫に生まれ変わった作家が自分の飼い主だと思い込む7人の人物像を描く。

『キラー・ラザニア』
(アニメーション/8分/2002年)
監督 アレ・マックハッド
冷蔵庫に放置されたラザニアが突然変異を起こし、復讐心に満ち溢れたミュータントへと化す。

DJs
Malandro
Antonio Yodobashi (The Rabadas)
Pakim

写真展

COLLECTIVE LENS [Daniel Silva, Zare Ferragi, Alexandre Takahashi]

インスタレーション
Pamela Hata

広告

Entry filed under: イベント, パーティー, 音楽, POP ART, 映画.

ウヂグルヂ Vol. 2 MUNDO POPULAR OZASHIKI LIVE

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

Trackback this post  |  Subscribe to the comments via RSS Feed


brazil.jpg

ケータイサイト
brazil.jpg

スケジュール

The Rabadas Cinema Clube Vol.6
会場: Que Bom
日時: 6月14日 (日)
インフォ



愛しき祖国、ブラジル!


Roberto Maxwell e Sabrina Hellmeisterの作品

製作::
The Rabadas Cultura Clube
trailerへ

Rabadas Zine

写真

10月5日
The Rabadas Cinema Clube Vol. 3


8月5日 第2 イベント
The Rabadas #2 - August, 05th



7月6日 ー デビューイベント

The Rabadas #1 - July, 06th

@渋谷
The Rabadas Photo Session #1

Blog Stats

  • 15,861 hits
2009年5月
« 4月   6月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。